敏感肌の化粧品選びは低刺激と高保湿

subpage01

敏感肌の方は低刺激と高保湿の化粧品を選びましょう。

どのような保湿成分が入っているのか、しっかり成分表示をチェックしましょう。



おすすめはセラミドです。
人間の肌にもセラミドが存在し、肌に潤いを与える役割をしています。


セラミドには水分を蓄える保水力がありますので高保湿が期待できます。
セラミドにも種類があり、なかでもヒト型セラミドと呼ばれるものは人間の体にあるセラミドとほぼ同等の化学構造を持っているため高い効果が期待できます。ほかにも様々な保湿成分が使われていますが、敏感肌の方は保湿成分にどのようなものが使われているのかを確認してから選ぶとよいです。

肌に合わない成分は避けるのが賢明です。



アルコールや人工香料といったものは肌にとって負担となる場合も多く、肌との相性は個人差があります。使用する前にはパッチテストを行うなどして相性を確認してから使うようにしましょう。

敏感肌の化粧品の口コミ情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

また相性の悪い成分は覚えておいて、なるべく避けるほうが賢明です。

敏感肌の方の場合、様々な化粧品を使うよりも、シンプルなスキンケアを心がけたほうが安心です。

あれこれ使ってしまうと肌に合わない化粧品を使ってしまう可能性が高くなりますし、いろいろと使うことで肌を何度も触ることになり肌への刺激が強くなってしまいます。色々と使ったほうが綺麗になれそうな気がしますが、敏感肌のケアは少ない刺激で行うほうが効果的です。


最低限の化粧品を使って、低刺激、高保湿のケアを行うのがおすすめです。


身になる知識

subpage02

肌を保護して美しく保つのが化粧品の本来の役割です。しかし、化粧品に含まれる成分のなかには、肌が本来持っているバリア機能を低下させたり、乾燥を招くなど、肌に負担を与える成分も含まれています。...

NEXT

みんなの常識

subpage03

ヒリヒリしたり赤みが出たりと化粧水はおろか水でさえ刺激を感じてしまう敏感肌は化粧品選びも一苦労です。しっかりと保湿してあげる必要があるのに、なかなか合うものが見つからなくて苦労している人も多いのではないでしょうか。...

NEXT

難しくない社会

subpage04

敏感肌にとって、外部からの刺激などは肌荒れの原因になります。気温の変化、またほこりっぽい場所などちょっとした環境の変化でも肌に影響がでてしまうため、しっかりとしたスキンケアをすることが重要といえます。...

NEXT

ためになる情報

subpage04

敏感肌でどんな化粧品を使っても肌がピリピリしたり赤みが出たりしてしまう、いろいろな化粧品を試してみたけれど刺激が強くて自分に合ったものを見つけることができない、と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。オフィスはエアコンで空気が乾燥しており、外に出れば紫外線の影響があります。...

NEXT