敏感肌の化粧品はこう選ぼう

subpage01

ヒリヒリしたり赤みが出たりと化粧水はおろか水でさえ刺激を感じてしまう敏感肌は化粧品選びも一苦労です。



しっかりと保湿してあげる必要があるのに、なかなか合うものが見つからなくて苦労している人も多いのではないでしょうか。

敏感肌の人は化粧品を選ぶうえでいくつか注意すべきポイントがあります。

よく利用されている敏感肌のスキンケアの選び方の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

肌が敏感になってしまう原因は間違ったスキンケアや加齢によって肌の角質層にあるセラミドという成分が失われてしまうことにあります。

細胞と細胞の隙間を埋める役割を果たすセラミドが不足すると、肌はスカスカになってしまい、肌内部の水分が蒸発しやすくなります。

また、外部からの刺激をブロックことができなくなるため、わずかな刺激にも耐えられなくなり、ピリピリしたり赤みが出たりなどの反応を起こしてしまうのです。

肌の保水力を取り戻して、バリア機能を回復させるには不足したセラミドを補給することが大切です。化粧品を選ぶ際には、セラミドが高配合されたものを選んで不足した分を補給するようにしましょう。



セラミドの中でもヒト型セラミドは特に保湿力が高く、肌への刺激もないので、少し高価ではありますがおすすめです。

また、肌への刺激となる成分が少ないかどうかも化粧品を選ぶ際の外せないポイントです。
エタノールは肌に刺激となるだけではなく、蒸発する際に潤いも奪ってしまうので、敏感肌の人にはおすすめできません。
また、美肌に効果的と言われるビタミンC誘導体も乾燥を進行させるので避けたほうがよいでしょう。一見何の問題もなさそうな植物性オイルなども数が多いと刺激となることがあります。心配な場合は、使う前にパッチテストをして問題がないかどうかを確認してから使うようにしましょう。


敏感肌も自分に合ったアイテムでスキンケアすることで改善が可能です。

自分に合った化粧品を見つけて、健やかな肌を取り戻しましょう。